木下和英

ジャンル

ポピュラー ・ロック・フォーク、ワールドミュージック、その他

プロフィール

音楽作家・アコギとピアノ二刀流のシンガーソングライター。八王子発ランナー出身。
下の名前が「和英辞典の和英」である。
「前向きな楽曲」「常なる音楽的進化」をモットーに作詞・作曲・アレンジ・ライブ活動を都内・神奈川・埼玉を中心に展開している。
2015年4月に代々木第二体育館(キャパシティー4000人)で旗揚げとなりBSフジ・中国河南TVにて放映された、新格闘技FG(ファイティンググローブ)のテーマ曲や表彰式の楽曲等を作編曲・制作。
他にメジャーデビューアーティスト・企業社歌・池袋サンシャインでのイベント・飲食店等、楽曲提供は多岐に渡る。
また、本人にもスカパーや全国放送のラジオなど全20局以上の出演歴がある。 
ほか音楽講師・日本テレビ汐博・立川アレアレアにて音響担当など。
ホームページ
ツイッター

編成

アコースティックギター・ピアノ弾き語り
エレキギターインストゥルメンタルと、バックトラック(本人制作)

レパートリー

オリジナル曲

アピールポイント

音楽作家であることを活かし、ライブでは自身がアレンジ・制作した音源をバックに、アコースティックギターやピアノで弾き語りをすることが多い。
生演奏と打込みを、車の両輪とし、生でしか出来ないこと・生楽器1本では出来ないことを両面生かしたステージの魅力を伝えること。

演奏に対するコンセプト

あらゆる音楽の魅力を障壁を設けずに伝え、
よりどりみどりのアプローチで前向きな気持ちを拡散することを毎ライブの最たるコンセプトとしている。
そして隠れコンセプトは、一人になった時・もうどうしようもないと思ったその時に、部屋に帰り再生ボタンを押したその人の、最後に救いになれる音楽を作ること。

その他