平野悦郎

ジャンル

その他 ・舞踊

プロフィール

・日本伝統文化舞踊 嵐会所属

・八王子城跡 NPO法人 三ッ鱗会正会員

・八王子市社会福祉ボランティア登録(No.2829)

・多摩市ボランティアセンター登録

編成


レパートリー

サムライ剣舞、さんさ時雨、武田節、青葉の笛、川中島、古城、荒城の月、黒田節、大利根無情、名月赤城山、風雪ながれ旅、ほか

アピールポイント

【剣舞】
〈サムライ剣舞〉奈良時代~伝統演舞、剣の勇壮・扇の重厚な儀式で必見価値
 
【舞踊】
〈さんさ時雨〉仙台伊達藩戦勝祝いの舞、東北復興応援・お祝席で大好評
〈武田節〉戦国時代最強の武田信玄・力強さ・自然・人を大事にする精神表現
〈青葉の笛〉源平合戦で敗れ栄華を極めた平家一門哀悲・無念を表現
〈花の乱〉足利幕府応仁の乱・動乱・乱世と高貴な花御所を表現
 
 【詩吟】
<川中島>(口上+詩吟)詩吟で最も吟じられた、信玄・謙信両雄の壮絶な戦い
<古城>(名曲+詩吟+舞踊)江戸城を散策し作ったといわれる昭和の荒城の月と言われた名曲
<荒城の月>(名曲+詩吟+舞踊)不運の若さで生涯を閉じた天才努力家滝廉太郎の名作で心打たれる(日本人の心の曲 中高年の方は特に心打たれるようです)
 <黒田節>(名曲+詩吟+舞踊)東の武田節、西の黒田節といわれ壮絶な振付日本人の心意気表現
 
【演歌】
<大利根無情>(セリフ+殺陣タテ入り)演劇舞台で数多く取り上げられた名作江戸時代幕末題材、義を貫く
<名月赤城山>(セリフ+振付)日本人は俠客国定忠治を絶対忘れてはならない(江戸時代末期天災ききんで苦しむ人々を私財を投げて救った人物)(高齢者の方は心打たれて涙する方多い)
<風雪流れ旅>八王子市在住演歌歌手北島三郎さんのオハコ、心しみる曲です(津軽三味線奏者巨匠高橋竹山先生、苦節の人生を題材にした曲)

演奏に対するコンセプト

【剣舞】

<サムライ剣舞>剣(刀)の勇壮な舞と白扇を使った重厚な儀式舞のコントラスト

【舞踊】<さんさ時雨>祝いの舞に相応しく2枚の青色鶴扇子を使い鶴亀松を表現しながら、おもてなしの心をもって舞う

<武田節>時代背景と詩吟の持つ心の響き・曲の力強さを舞で表現(扇子だけ・刀抜刀しない・抜刀した刀使用等場所による)

<青葉の笛>源平合戦で敗れ栄華を極めた平家一門の悲哀・無念を表現

<花の乱>足利義政公が好んだ能の雰囲気を舞に取り入れた

【詩吟】

<川中島>(口上+詩吟)出だしに口上を入れ、誰でも分かりやすくした

<古城>(名曲+詩吟+舞踊)名曲と詩吟を織り込んで心に響く・打たれるように仕上げる

<荒城の月>(名曲+詩吟+舞踊)名曲と詩吟を織り込んで心に響く・打たれるように仕上げる

<黒田節>(名曲+詩吟+舞踊)勇壮な振付日本人の心意気表現(扇子だけ・刀抜刀しない等場所で)

【演歌】

<大利根無情>(セリフ+殺陣タテ入り)昭和30年代演歌で浪曲の衰退の流れを汲み台詞は泥臭く仕上げる

<名月赤城山>(セリフ+振付)昭和30年代演歌で浪曲の衰退の流れを汲み台詞は泥臭く仕上げる

<風雪流れ旅>冬場(12月から2月頃)限定で自然の厳しさ苦節人生の表現重点

 

その他