19世紀末のパリ、そして音楽
 19世紀末のパリ、そして音楽
 夢美術館「陶酔のパリ・モンマルトル」 関連企画
かとうかなこ 向島ゆり子
19世紀末から20世紀初頭にかけて、フランスのパリは世界の文化の中心だった。街中では キャバレーが賑わい、ピカソやサティがそこに集った…。このコンサートでは、この時代に流行した 音楽を中心にお届けします。そして、キャバレーでも人気のあった影絵芝居を生演奏とスライドを 使って再現します。華やかさと退廃が同居した世紀末のパリの音楽をお楽しみください。

出演/
かとうかなこ
(クロマチック・アコーディオン)
向島ゆり子(ヴァイオリン)

会場
公演日時 4月8日(日) 14:00開演
入場方法
一般/2,000円 友の会/1,800円
発売日
チケット発売
友の会 2/8(水)
一 般 2/15(水)
※発売初日の電話・インターネット(PC・携帯)からの予約については、午後1時からとなります。
発売所
主催 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団
チケットの予約はこちら パソコン 携帯電話
 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団